9_ppm 最近気になるもの

深夜アニメ ゲーム 資産運用 の情報多め



太陽曰く燃えよカオス

『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box I

魔法使いの夜 初回版

アクセル・ワールド〈1〉黒雪姫の帰還

未来日記 (1)

バイオハザード

化物語 Blu-ray Disc Box

3か月でフルマラソン

氷菓


まどか☆マギカ 鹿目まどか

まどか☆マギカ 暁美ほむら

まどか☆マギカ 巴マミ

2011/08/06(土) 10:48:18

8月5日 金曜日 午前9時

夜のダウ500$超の下げをうけて、日経平均も300円近い下げから始まり日中は反発もなく低空飛行を続ける。 為替相場は79円〜78円50銭あたりで緩やかに円高方向へ

8月5日 金曜日 午後9時30分

アメリカの7月の雇用統計が発表になる

失業率が予想と違い9.2%→9.1%へと低下
非農業部門雇用者数が+8.5万人(予想)→+11.7万人と予想を上回る。

ダウは寄り付きで大幅反発をするも日中ではマイナスへ転落、その後プラスへ持ち直し前日終値付近で小幅プラスで終了。

為替は雇用統計後ドル高に触れるも次第に値を消していき1ドル78.38円で終了。

週末には、S&Pが米国債をAAAトリプルAからAAプラスへ引き下げを発表した

また、日本では日銀による来週の為替介入の意思が報道された。

※以下個人的意見


来週展望)

米国株式、米国ドルの弱含みは変わらず 

日本株式、日本円は

>大幅下落の場合(9000円割れや77円を超えての円高)日銀による介入は行われるだろうが、じわりと行く場合は、しばらく注視 様子見 だろうとおもわれる。

日本単独では経済指標および、日銀による景気動向も強いもの(というか、現状が最悪なのだからそうでなくては困るのだが)あり、世界の暴落ブームに抵抗する面も出てきてくれると心強い。


コメント
コメントの投稿
( 関連性のないコメントやトラックバックは、削除されますのでご了承下さい )
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら